挙式を神前式で行うときに知っておきたいこと

fruits

プロに相談して決める

緑黄色野菜

近年結婚式の一つの形としてトレンドとなっているのが、神前式です。神前式というのは、キリスト教式とは異なり、イメージとしては和風の結婚式となることが多いですね。現在の取り組みとしては、より新郎新婦が満足でき、招待された人も満足できるような式づくりが進められています。より深く楽しめるように、親身になって相談に乗ってくれるブライダルプランナーも多くなり、より利用しやすくなっていると言えますね。もちろん費用に関しては、利用する内容によって大きく異なります。その点は担当してくれるブライダルプランナーと相談しながら決めて行きましょう。現在はより利用しやすいものが多くなっているので、今後も様々な取り組みによって、楽しい結婚式が実現できるでしょうね。

神前式はいわゆる和風の結婚式であり、洋風の結婚式とは流れなどが違っています。特徴となっているのは、花嫁行列「参進」があることですね。その他、一般的な洋風の結婚式と違う点としては、当然服装などがありますね。洋風のものだとドレスを花嫁が来て、花婿はタキシードなどのドレスコードで登場するようになっています。それに比べて、神前式は服装も大きく異なります。また、大まかな流れについても、入場から修祓の儀があり、祝詞奏上の儀、三々九度の盃などがあります。その後、指輪の交換をし、式はさらに進んでいきます。指輪の交換に関しては、キリスト教式のものと同様ですね。それぞれ流れを知って、式を楽しんでいきましょう。指輪の交換の後も様々な儀が執り行われるので、その点はブライダルプランナーに確認しておきましょう。